潜在意識による恋愛で、特定の相手から格段に喜ばれる方法

潜在意識 恋愛 特定の相手

あなたには、気になる異性がいますか?

その異性の気を惹くことができていますか?

実は、潜在意識を恋愛で使えば、通常とは異なる本質的な意味で、特定の相手を格段に喜ばせ、気を惹くことができます

それは、これまで多くの人が試してきた方法とは、全く異なる質の効果を発揮するため、これまでになかった恋愛を求めている人にとっては、目から鱗でしょう。

以下では、特定の相手を本質的に喜ばせることで、特定の相手から本当に大切に扱ってもらえるようになる方法について説明していきます。

もしあなたが、「異性を喜ばせること」よりも、「とにかく相手から好かれること」に興味があるなら、「潜在意識で好きな人と先に繋がる!自然と現実化する恋愛法」からご覧ください。

1.潜在意識による恋愛で、特定の相手を格段に喜ばせるとは

1−1.潜在意識で、あなたを大切に想ってくれる人

まず、少しだけ振り返って頂きたいのですが、あなたの身の回りの異性は、それぞれ、あなたをどのくらい大切に思ってくれているでしょうか?

振り返ってみると、気づくかと思いますが、異性が自分のことをどのように思ってくれているかは、なんとなく分かるものです。

それは、「好き」「愛している」「大切だ」といった言葉や、一緒の時間を共有するといった行動によってもわかりますが、言葉や行動がなくても、態度や雰囲気、直感で「なんとなく」わかるのではないでしょうか。
実はこれは、その異性の潜在意識が、あなたをそのように認識しているためです。

潜在意識で思っていることは、自然と相手に伝わるのです。

そして、そのような異性のことは、あなた自身も大切に感じているはずです
実際、それだけ大切に感じてくれている相手に対しては、つい誠実に接する気になって、憎む気にもなれないでしょう。

当然、そうした人とは、本当に深い恋愛に発展しやすいし、一生涯の関係にもなりやすいです。
もちろん、そうした異性と「異性の友達」になる場合もあるでしょうが、仮に恋愛したら、とても深い関係になれることは容易に想像できるでしょう。

1−2.あなたの潜在意識で、相手を大切に扱う

逆に言えば、あなたが恋愛で特定の相手を、そのように大切に思えるようになれば、それは相手に伝わるということです。

そして、相手もあなたを大切に感じ、大切に扱ってくれるようになります。

ですから、本記事でお伝えしたいこととは、あなたが潜在意識レベルで、特定の相手を本当に大切に感じ、喜ばせられる人になればよい、ということです。

ただ、そのためには、あなたの潜在意識を書き換える必要があります。

私たちが普段使っている意識は、顕在意識と呼ばれますが、これを変えるだけでは、表面的にしか変われません。
そして、人は、表面的にしか大切にしてくれない人のことを、敏感に察知できる生き物です。

たとえば、

  • 見返りを求めて、何かしてくれているだけの人
  • 自分がいい人と思われたいだけの人
  • 人から嫌われたくないから、何かしてくれるだけの人
  • 義務感で優しくしているだけの人
  • 褒めてもらいたくて何かしてくれるだけの人
  • 淋しくて、誰かと関わって居たいから、何かしてくれるだけの人

などです。

もちろん、彼らの「大切に思う気持」も相手に伝わりますが、あくまで自己都合による気持ちに過ぎません。
そうした自己都合を超えて、ただ相手を大切に思う潜在意識になれば、恋愛で特定の相手を本当に喜ばせることができ、本当に愛しい存在として、想い、想われるようになるのです。

2.潜在意識による恋愛で、特定の相手から格段に喜ばれる方法

2−1.潜在意識を書き換えるための2つの視点

そのような潜在意識になるには、2つの視点が必要です。

1つは、「自分が相手を大切にする」という視点であり、もう1つは、「自分が相手から大切にされる」という視点です。

これらは、潜在意識にとっては、コインの裏表のようなものなのですが、両方の視点からあなたの潜在意識を眺めたときに、大切に思う心を拡大していくことが大切です。

2−2.潜在意識を書き換える方法

こうした潜在意識を手に入れるには、具体的には、クリスタルマインド®CDの「感謝と祝福」を聴きます。

潜在意識で相手を大切に扱うとは、誰かの存在や行動、言動のすべてに感謝をし、祝福することです。

これこそが、潜在意識レベルで相手を喜ばせるということです。

興味がある方は、「恋愛体質を創る」や「幸せな結婚をする」を併せて聴いても良いですが、本記事で扱っている、特定の相手から格段に喜ばれる人になりたいならば、やはり「感謝と祝福」を最優先で聴いた方が良いでしょう。

また、具体的な聴き方については、「潜在意識とは何か?人生を大成功させる“最後の砦”の全貌」をご覧ください。