潜在意識で、望む現実を引き寄せるまでの7段階のフロー

潜在意識 引き寄せ

私たちの潜在意識の“引き寄せ”の力は、とても強大です。

なぜなら、潜在意識が望んだことは、有無を言わさず、何でも、叶ってしまうからです。

ですが、潜在意識には具体的な形がありませんので、潜在意識の書き換えに取り組んでいる最中の人は、自分が適切に取り組めているか不安になりがちです。

そこで今回は、潜在意識を用いて、望んだ現実を引き寄せるまでの具体的なフローをお伝えします。

本記事が、あなたが潜在意識で引き寄せを完了するまでの羅針盤となると共に、あなたの現在地を理解する為の安心材料になれば幸いです。

段階1:潜在意識について適切に理解する

まず、潜在意識を使って引き寄せを行う前に、そもそも潜在意識とは何かに関する適切な知識を持っておくことが必要です。

すぐにでも、望みを現実化させたい気持ちは大変よく分かりますが、潜在意識に関する適切な知識があってこそ、潜在意識の真価を発揮することができます。

そこで、あなたが潜在意識について学び始めたばかりであれば、まずは下記の記事をご覧ください。

*「潜在意識」の記事一覧

段階2:引き寄せたい「望み」を決める

潜在意識に関する知識が備わったら、次は、引き寄せたい望みを決めます。

これは、どのような望みでも結構ですが、次の3つの条件を備えていると良いでしょう。

条件①:具体的である

たとえば、

  • 人生を良くしたい
  • お金持ちになりたい
  • 周囲の人と仲良くなりたい

は、「望み」としては、やや曖昧です。

望みが具体的であるとは、たとえば、上記の3つの場合、それぞれ

  • 20●●年までに、会社を独立し、自営業で生きていけるようになりたい
  • 月収を●●●万円にしたい
  • 初対面の人とも、すぐに打ち解けられるようになりたい

などのような望みです。

どうしても望みを具体化することが難しい場合、ひとまず、あなたが今具体的にできる中で、できる限り具体的な望みを持つように意識すれば大丈夫です。

条件②:「●●な自分をやめたい」ではなく「☆☆になりたい」という望みにする

実は、「●●な自分をやめたい」という動機で取り組むと、引き寄せを行う過程において、●●な自分を責め続けてしまいます。

そのため、「☆☆になりたい」「☆☆が欲しい」「☆☆ができるようになりたい」といった望みを持つようにしましょう。

条件③:本当に、叶えたいと思える望みにする

引き寄せが完了するまでの過程では、試練に出会うこともあります。

また、何のために、引き寄せを行いたかったのかを、自問自答し直すこともあります。

そのため、今のあなたが、本当に心から引き寄せを行いたいと思える望みが何なのかを、改めて思い返してみましょう。

なお、潜在意識によって、どのような現実を引き寄せられるかイメージが湧かないという方は、下記で、潜在意識で現実化できる6つのカテゴリーをまとめていますので、参考にしてみてください。

「コミュニケーション」を潜在意識によって変える方法
「お金」を潜在意識」によって変える方法
「心」を潜在意識によって変える方法
「仕事」を潜在意識によって変える方法
「スピリチュアル」を潜在意識によって変える方法
「健康」を潜在意識によって変える方法

段階3:「望み」に向かって進むためのエネルギーを受け取る

次に、「望み」を実現するために必要なエネルギーを受け取ります。

なぜなら、引き寄せを行うには、あなたの潜在意識にとって必要なエネルギーを受け取ることで、あなたの潜在意識を書き換える必要があるからです。

ここで受け取るべきエネルギーは、大きく2種類あります。

  • エネルギー1:あなたの潜在意識に足りないエネルギー
  • エネルギー2:あなたの潜在意識から、邪魔な感情を取り除く為のエネルギー

たとえば、以下の図の場合、エネルギー1、2を受け取ることによって、意識2を取り入れると共に、感情1を取り除いています。これにより、今のあなたの潜在意識を、引き寄せに必要な潜在意識へと書き換えています。

潜在意識 引き寄せ

なお、段階3において、必要なエネルギーを簡単に受け取る方法の1つとして、クリスタルマインド®CDを聴くという方法があります。

※クリスタルマインド®CDについては、クリスタルマインド®CDが人生を変える上で劇的な効果がある理由の後半で詳しく説明しています。

これは、聴くだけで、欲しいエネルギーを受け取り、潜在意識を書き換えられるCDなので、潜在意識で引き寄せを行えたい方には、とてもオススメです。

段階4:「望み」を現実化を阻む障害に出会い、それを克服する

理想的には、段階3において、引き寄せを行うための潜在意識を完全に獲得できれば良いのですが、一度にそれを行えないことも多々あります。

その場合、あなたは、その書き換えを促される出来事に、実際に直面します

たとえば、上の図に例で言えば、「感情1」を強く感じる出来事が起きて、感情1を手放す機会を得るなどです。

また、引き寄せを行うには、関連して乗り越えるべき問題が一緒に生じるため、それを乗り越えに必要なエネルギーを、(段階3と同じように)受け取る必要がある場合もあります。

例を挙げると、「会社の役職者に昇進する」という現実を引き寄せるには、仕事能力の向上に加えて、セルフイメージの向上や、同僚との人間関係の変化なども同時に起こす必要があるため、それに必要なエネルギーを受け取る必要があるでしょう。

段階5:「望み」にフォーカスし続けたまま、段階3と4を繰り返す

そして、段階5が、潜在意識で引き寄せを行うための正念場です。

具体的には、段階2で設定した「望み」の実現を常に希求しつつ、段階3で必要なエネルギーを受け取ることと、段階4で障害を克服するためのエネルギーを受け取ることをやり続ける必要があります。

ここで、引き寄せが行えずに挫折してしまわないためにも、段階1の知識や、段階2の適切な「望み」を持つことが重要となるのです。

段階6:引き寄せたい「望み」が、思わぬ形で断片的に叶う

この段階5を乗り越えると、ある時ふいに、思わぬ形で、引き寄せたかった現実が断片的に叶います

潜在意識による引き寄せは、私たち人間が、頭で考えているような方法で実現するとは限らず、予想だにしない方法で叶うことが多々あります

そのため、予想しない方法だからといって拒絶せずに、望みが叶うことを素直に受け入れることも重要です。

ただし、この段階6においては、引き寄せた現実が自分にとって、まだ自然に受け入れられるものではなく、「こんな素晴らしいことが自分に起きて良いのか」という焦りや、落ち着かない感覚が残っています。

段階7:引き寄せた「望み」を定着させ、自分にとって当たり前にする

そして、その落ち着かない感情を取り除き、引き寄せた望みを完全に自分に定着させるのが、段階7です。

たとえば、朝起きて、布団から出て、ご飯を食べて、歯を磨くといったように、“自分にとって当たり前にできること”“当たり前に叶うこと”として受け入れられる潜在意識になることが、段階7のゴールです。

そのためには、やはり段階3と同様に、「あなたの潜在意識に足りないエネルギー」「あなたの潜在意識から、邪魔な感情を取り除く為のエネルギー」の2つを受け取り続けることです。

この段階7を経ることで、引き寄せた現実と同等のことは繰り返し起きるようになり、さらに高水準の引き寄せを行なってための土台を作ることができます

なお、クリスタルマインド®CDの「許し」は、段階7を完全にクリアし、その現実が起き続けることを「許す」ために有効なCDです。

以上で7段階のフローをお伝えしてきましたが、潜在意識で引き寄せを行う際には、今の自分がどの段階にいるのかを大まかに意識し、次に何に取り組めば良いのかを理解しておくことが大切です。

今のあなたの段階を把握することで、安心感を持って、次の段階に取り組んでいってください。