潜在意識を使い、孤独で寂しい人生を脱する2つのパターン

孤独な人

一人ぼっちは寂しく、孤独だと感じることは、とても大きな苦痛を伴うものです。そして、孤独にならないように、自分と一緒に居てくれる人を見つけたり、結婚相手や恋人を探したり、誰かから愛されようともがいたりする人が、たくさん居ます。

ですが、断言しますが、

その方法では、孤独で寂しい気持は一生無くなりません。

なぜなら、仮にいっとき孤独感から逃れることが出来たとしても、別の場面で、孤独感に直面する人生が続いてしまうからです。

実は、あなたの潜在意識を書き換えると、寂しい気持ちを完全に無くすことができます!

そこで今回は、孤独感の原因となっている意識と、その潜在意識を変えるための簡単な2つのパターンについてお伝えします。

1.寂しい人の誤った認識

寂しい気持から解放されるには、まず、寂しさに対する謝った認識を改めることが必要です。おそらく、以下の7つのいずれかのように感じたことがある方は、少なくないでしょう。

ですが、あなたが以下のように認識していたとしても、安心してください。後述の方法によって、その認識は改めることが可能です。

誤った認識①:一緒にいてくれる人がおらず、一人ぼっちの時は、寂しいと感じるのは当然だ

あなたが、寂しいと感じるのは、あなたが一人で居るからではありません。なぜなら、誰かと一緒に居ても、寂しいと感じることはあるからです。

逆に、一人で居ても寂しいと感じない人は居ますし、あなたがそうなることも出来ます。

誤った認識②:自分は愛されるための条件を満たしていないから、こうして寂しく感じているのだ

寂しさを感じている時は、自分が愛されるに値しない存在なのだと感じがちです。

そのように想いが出てくることは理解出来ますが、そもそも愛に条件があると感じているのは、あなた自身の感じ方の問題であって、そのように感じている状態から抜け出すことができます。

誤った認識③:周囲の人が、自分の良さを理解してくれないせいで、自分は寂しいと感じるに至っている

受け入れ難いことかもしれませんが、あなたが寂しい状況は、100%あなた自身が作り出しています。したがって、それを周囲の人のせいにするというのは、真実ではありません。

あなたの意識が、寂しいと感じることを望んでいるから、あなたは孤独に陥って居るのであって、周囲の人がどうであるのかは、あなたが寂しさを抱いて居ることとは直接関係がありません。

誤った認識④:愛されるための条件を満たせば、寂しさからは解放される

愛されるため、次のように思っている方も多いと思います。

  • お金があったら愛される
  • 容姿が良ければ愛される
  • 仕事で活躍すれば愛される
  • 優しければ愛される
  • いい人になれば愛される
  • 地位や立場、資格があれば愛される

たしかに、これらの条件を満たすことで、周囲の人の反応が変わり、いっとき寂しさから逃れられたかのように感じることはあるでしょう。
ですが、それでは、寂しさを感じなくなるのは一時的であり、不安定です。
条件を満たせなくなれば、また孤独感に陥りますし、条件を満たすことに必死にならざるを得ず、大変な人生を生きることになります。

誤った認識⑤:自分は悪いことをしてしまったのだから、誰からも愛されず、寂しいままであっても仕方がない

たとえば、誰かに意地悪をしたり、酷い接し方をして来たりしたからといって、愛されないということはありません。もちろん、今のあなたが孤独である必要もありません。

悪いことをしてしまったという想いを手放すことで、このような認識から抜け出すことが可能です。

誤った認識⑥:過去も、現在も孤独な人生を生きてきたので、将来も寂しさからは逃れられない

あなたが、これまで何十年も生きて来て、ずっと孤独な人生を生きて来たとしても、これから先も寂しく生きる必要は、全くありません。

ここでご紹介している方法を実践することで、将来は、周囲の人と親密な関係を築き、幸せに生きることが出来ますので、ご安心ください。

誤った認識⑦:老後になったら、孤独死してしまうかもしれない

歳をとったら、若い頃に比べて、社会や友人等との繋がりが減り、孤独になってしまうと怖れている方もいるでしょう。

ですが、寂しさの正体を適切に認識し、対処することで、何歳になっても、孤独感と無縁の人生を送ることが出来ます。

2.潜在意識レベルにおける、あなたが寂しい本当の原因

さて、ここまで、寂しさについての謝った認識についてお伝えして来ました。
寂しさには、2つの原因があり、それは、あなた自身の「無価値感」と「罪悪感」です。

直接的な原因は他にも多々ありますが、最終的にはこれら2つの感情が原因となっています。

したがって、孤独感から振り回される人生から脱するには、次の2つのパターンがあります。

2−1.無価値感をなくすパターン

まず、「無価値感」とは、「自分には、愛される価値がない」と信じる感情です。
これがあると、せっかく誰かと関われる機会があっても、愛されない現実に直面することが怖くて、自ら距離を置いてしまいがちです。結果として、寂しさを感じることに繋がります。

2−2.罪悪感をなくすパターン

次に、「罪悪感」とは、「自分は、罪を犯してしまった」と信じる感情です。
これがあっても、誰かと関わる時に、罪人である自分が愛されルはずがないという想いを抱えたまま関わることになるので、積極的に関われず、どこか疎外感を感じ続けることになります。

つまり、あなた自身が、無価値感や罪悪感によって、他者との間に心の壁を作っているために、あなたは寂しさを抱いているということです。

逆に言えば、あなたが孤独感を抱いているのは、誰かや、何かや、状況のせいでもありません。それらのせいにしている限り、孤独感は絶対に消えないので、一生孤独なまま、淋しさを感じ続ける人生を送ることになります。

あなたが孤独で居られるように、周囲の人があなたから距離を置くことさえあるでしょう。

3.潜在意識を使い、孤独で寂しい人生を脱する方法

したがって、あなた自身の「無価値感」や「罪悪感」が消えれば、孤独感からも解放されることができるのです。

そして、そのためには、以下のクリスタルマインド®CDを聴くことが有効です。

あなたが寂しさや孤独感に悩まされているなら、「孤独感に襲われる恐怖を癒す」を聴くことは、強くおススメします。
これに加えて、「自分には、愛される価値がない」という意識が強い人は「無価値感を溶かす」を組み合わせて聴き、「自分は、罪を犯してしまった」という意識が強いなら「罪悪感を・・」を組み合わせて聴くと良いでしょう。

これらのCDを十分に聴き込めば、誰かと一緒に居なくても、特別な条件を満たさなくても、周囲の人がどんな人であっても、あなたは孤独感を感じず、他者と心地の良い関係を築けるようになります
また、あなたがこれまで他者とどんな接し方をしてきても、これまでの人生がどれだけ孤独であっても、何歳になっても、寂しさに振り回されることはなくなります

ですが、あなたの潜在意識は、あなたが意図的、意識的に書き換えようとしない限り、自然と書き換わることは絶対にありません。

あなたが、これから先も寂しさに振り回される人生を生きるのか、それとも寂しさや孤独感とは無縁の人生を生きていくのかは、あなたが孤独を好む意識を改めるか否かに、全て懸かっているのです!

4.まとめ