仕事ができない自分が、仕事が回る人に変貌する2つの技

仕事ができない自分

あなたは、「仕事ができない」と落ち込むことはありますか?

もっと仕事が回るようになったら・・・と思うことはありませんか?

実は、多くの人の、仕事が出来るようになるための努力は、核心をついていません
その努力を数年、数十年続けて、入社した頃や、新入社員の頃よりも仕事が出来るようになったつもりでも、本当の意味では、あまり仕事ができるようにはなっていません

なぜなら、仕事ができない人は、潜在意識に改善の余地があり、潜在意識の書き換えを行わない限り、本当の意味では仕事が出来るようにはならないからです。

そこで今回は、「仕事の出来」と潜在意識との関係と、その潜在意識を簡単に書き換える方法についてお伝えします。

1.仕事ができない自分

1−1.仕事ができない人の特徴

一般的に、仕事ができない人と言うと、たとえば、次のような人でしょうか。

  • 仕事を覚えない人
  • 仕事をミスする人
  • 他者とまともにコミュニケーションを取れない人
  • 言われたことしかやらない(できない)人
  • 誰でも出来ることしかやれない人
  • 仕事が遅い人
  • 仕事が雑でいい加減な人

これらは、たしかに仕事ができるとは言えないでしょう。ですが、これらは、表面的な特徴でしかありません。

1−2.本当に仕事ができない人とは

それでは、本当に仕事ができない人とは、どのような人なのでしょうか?

それは、「求められていること」と違うことをしてしまう人です。

そして、ここでいう「求められていること」というのは、会社や他者から求められていることではなく、天(神)から求められていることです。
(上司のいうことを聴く人が、仕事ができる人なのではありません。それでは、上司がおかしな人の場合、道を誤ってしまいます)

なぜ天から求められていることと違うことをしてしまうのかというと、自分の感情を満たすためです。

その一例を、以下に挙げます。

  • 自分の正義、善悪に囚われている人
  • 自分の存在や考えを受け入れてもらうことに必死な人
  • プライドが高くて、仕事を通してプライドを満たそうとする人
  • 虚栄心が強く、仕事中に自己防衛に徹する人
  • 仕事を通して褒められようとする人
  • 過去の失敗感・罪悪感から、今度は仕事を上手くいかせようとする人
  • 仕事で怒られないように働く人
  • 自分は愛されないという思いを、仕事で埋めようとする人
  • 自分勝手に権力を振るう人
  • 失敗して落ち込みたくて、わざと失敗する人
  • 求められていること違うことをして、罪悪感に打ちひしがれたい人
  • 一生懸命やったのに上手くいかなかったと証明したい人
  • 自分が、誰かよりも特別であると示したがる人
  • 誰かへのリベンジのために働く人

上記は、いずれも潜在意識レベルでの感情的動機です。

上記のように、「〜のために働く」という動機があればあるほど、求められている通りに仕事をするよりも、自分の感情を満たすことが優先となり、仕事ができない人になります

なお、
上記の3つ目に該当する方は「プライドが無駄に高い自分をこっそり辞め、寛容な自分になるには」を、
4つ目に該当する方は「虚栄心とは?虚栄心が強い人が、等身大の自分を見せて平気になる方法」を、
8つ目に該当する方は「親の愛情不足で育っても、大人になって愛される人に難なく変身する技
もご覧ください。

ちなみに、これらの感情を持ったまま、仕事経験や、仕事知識ばかりを積み重ねて、一見すると仕事がスムーズに回っているように見える人もいます。
ですが、潜在意識に上記の感情を持ったままでは、本当に仕事ができるようになったとは言えません
その場合、様々な局面において、仕事がスムーズにならない結果を生んでいるはずであり、本当の意味では(=潜在意識レベルでは)、社会人になって以来、まったく成長できて居ない可能性も高いでしょう。

2.スムーズに仕事が回る人

2−1.スムーズに仕事が回る人とは

逆に言えば、仕事ができない人を脱して、スムーズに仕事が回る人になりたければ、求められていることをきちんとやれる人になることが重要です。

それは、別の見方から言うと、求められていることに対して、心が行き届いている人になるということです。

あなたが、仕事をスムーズに回したり、スムーズに回すための行動・選択を取ったりすることが、何の心理的な抵抗なくイメージできるようになれば、実際に仕事はスムーズに回ります

すなわち、本来その場でやることがわかり、考えるべきことを考え、やるべきことを行えるようになるのです。
非常にシンプルであり、仕事効率もよいです。
(仕事効率については、「初めての人でも超簡単!仕事効率化を図るための潜在意識の書き換え方」をご覧ください。)

そして、繰りかえりになりますが、スムーズに仕事が回らないのは、1−2で挙げた感情が動いているからです。
仕事がスムーズに回るようになるには、1−2で挙げたような感情が、あなたの潜在意識から無くなる必要があるのです。

2−2.スムーズに仕事が回る人に変貌する2つの技

ただし、一般的には、潜在意識の感情を取り除くことは容易ではありません
なぜなら、それは、あなたがこれまで積み重ねてきた記憶に由来するものだからです。

ですが、その書き換えを簡単に行える2つの技があります。それは、以下の2枚のクリスタルマインド®CDを聴くということです。

※クリスタルマインド®CDについては、クリスタルマインド®CDが人生を変える上で劇的な効果がある理由の後半で詳しく説明しています。

1つ目は、「運が良くなる〜ちょっとラッキー〜」です。
「運」とは、仕事の「運び」でもあり、スムーズに仕事が回るには欠かせません
このCDを聴くことは、これまで仕事を、天から求められるやり方ではなく、自分の好き勝手にやってきた人にとっては、大変に感じるかもしれません。
ですが、聴いていると、仕事がスムーズに回るためのエネルギーを受け取ることができ、仕事ができない状態から抜け出す方向に向かいます

2つ目は、「罪悪感を・・・」です。「運が良くなる〜ちょっとラッキー〜」を聴いていると、これまでよりも、自分が天から求められていることと違う働き方をしてしまってると気付くことが増えるはずです。
そして、これまで自分が感情から選択して、仕事を進めてきたことについて、とてつもない罪悪感に襲われることもあるでしょう。
その度に、天に背いている罪悪感を1つずつ手放すために聴くべきCDです。

2−3.期待される効果

上記のCDによって、潜在意識を書き換えていくと、あなたは、これまでとは思っていたのとは違う形で、仕事がスムーズに進む現実に出会っていくでしょう。
仕事ができなかった時に、「こうなれば仕事がスムーズに回る」と思って居たイメージとは、少し違うかもしれません。
ですが段々と、仕事がスムーズに回るイメージが湧くようになり、実際に仕事がスムーズになったことに気がついていくでしょう。

一方で、この潜在意識の書き換えに取り組まない場合、あなたは仕事ができない状態からは、本当には抜け出すことができません
あなたの潜在意識は、1−2で挙げたような感情を抱いていることを好んだままになっており、仕事ができるようになることなど、どうでも良いと思っているからです。
あなたの潜在意識は、意図的に書き換えようとしない限り、自然と書き換わることは絶対にありませんので、あなたは仕事ができない自分のことを嘆き続ける人生を生きるでしょう。

ぜひ潜在意識の書き換えに取り組み、仕事が出来ない自分から抜け出してみてください。

3.まとめ

  • 本当に仕事ができない人とは、天から求められていることとは違うことをしてしまう人
  • 違うことをしてしまうのは、1−2に挙げたような感情から、自分の好き勝手に選択、行動してしまうから
  • 仕事がスムーズに回る人とは、天から求められていることに対して、心が行き届いている人
  • そうなるためには、潜在意識レベルの感情を取り除くことが有効
  • そのためには、以下のクリスタルマインド®CDを聴くことが有効