「潜在意識で決めるだけで叶う」という法則への誤解と真意

潜在意識 決めるだけ

あなたは、「潜在意識で決めるだけで叶う」という法則を聞いたことがありますか?

この法則は真理なのですが、実は多くの人は、この法則の本当の意味を誤解しているため、実際にこの法則を用いて、願望を叶えるところまで辿り着けずにいます

そこで今回は、「潜在意識で決めるだけで叶う」という法則について、どのように誤解されているのか、この法則の真意とはどのようなものなのかを、お伝えします。

1.「潜在意識で決めるだけで叶う」という法則への誤解

「潜在意識で決めるだけで叶う」と聞いて、次のようなことを口にする人が見られます。

  • 「お金持ちになると決めます!」
  • 「毎日瞑想をすると決めます!」
  • 「仕事Xをやれると決めます!」
  • 「この感情を手放すと決めます!」

彼らは、なんだか肩に力が入り、自分を奮起させて何かを決意しています。まるで、体育会系のような覚悟や決意をしているようにも見えます。

ですが、実は、こうした宣言には意味がありません。

たしかに、「潜在意識で決めると叶う」という法則は真理ではあります。
ですが彼らは、「決める」ということを「(単なる)宣言」と勘違いしており、この法則を「願望を宣言すると叶う」という内容に勝手に置き換えてしまっているのです。

誤解されがちですが、「潜在意識で決めるだけ」というのは、願望を口にすることではありません

それでは、口にした願望について、有言実行で行動すれば良いのだ、と考える方もいるかもしれません。
ですが、実はそれも違うのです。
すなわち、潜在意識で決めるとは、口にすることや、行動することとは関係がないのです。

2.「潜在意識で決めるだけで叶う」という法則の真意

それでは、「潜在意識で決めるだけで叶う」という法則は、本当はどういう意味なのでしょうか。

それは、その宣言内容を、実際に何の心の引っかかりもなくやれるように、あなたの潜在意識を書き換えるということです。

たとえば、ご飯を箸で食べるとか、自動販売機にお金を入れてジュースを買うといったことを、イメージしてみてください。
通常の大人なら、このイメージをした時に、失敗するという考えすら湧かないはずであり、何の心の引っかかりも湧かないはずです。
これが、「潜在意識で決めている」ということなのであり、「ご飯を箸で食べる」とか自動販売機でジュースを買える」と決めているということになります。

逆に、(あまりないとは思いますが)あなたに、箸でご飯を掴めないかもしれないとか、自動販売機の使い方を間違えてしまうかもしれない等の感情が動くようなら、それは「潜在意識で決めていない」ということになります

これと同様に、冒頭の4つの例でも、お金持ちになること、毎日瞑想をすること、仕事Xをすること、その感情を手放すことに対して、自分の潜在意識に何の引っかかりもなくなれば、それは「潜在意識で決めている」と言え、この現実世界で叶えることができるのです。

以上が、「潜在意識で決めるだけで叶える」という法則の真意です。

潜在意識の力は劇的なものですので、あなたの願望を「潜在意識で決めるだけで叶える」人生を生きていってください。