潜在意識の改変に疲れた人に知って欲しい継続の4つの意義

潜在意識 疲れた

潜在意識によって人生を変えようという人が何度となく経験するのは、望む結果がなかなか得られず、疲れたと感じることです。

これは、そもそも潜在意識を書き換えられていない人にはもちろん、潜在意識を書き換えられている人にも起こる問題です。

なぜなら、願望の内容によっては、潜在意識の書き換えを、一定期間継続し続ける必要があるからです。

そこで今回は、潜在意識の改変に疲れた人が、何のために、それでも潜在意識の改変を継続すべきなのかを、「4つの意義」としてまとめてみました。

また最後には、潜在意識の改変に疲れた人のためのサポーツツールもご紹介します。

1.潜在意識の改変に疲れた人に知って欲しい継続の4つの意義

意義1:今の辛い状態を、早く抜けられる

潜在意識の改変に疲れたと感じる時は、人生が何かしら思い通りに進まず、辛い状態かと思います。

ですが、それでも投げ出さずに、積み重ねることが、辛い状態から抜けるための最短ルートです。

今の人生が思い通りでないなら、それは、その辛い状態から逃げ出してきた結果なのであり、ここで継続できるかどうかは、これまでの人生から抜けるために、とても大きな一歩となります。

意義2:今の積み重ねが、いつかの結果につながる

今のあなたの肯定的な現実を創っているのは、あの日あの時にあなたが積み重ねた分のおかげです。

それと同じように、本当に適切に潜在意識の改変を行えているなら、目に見えないだけで積み重なっており、やった分だけ、あなたにいずれ返ってきます

つまり、継続は、あなたを裏切らないのです。

意義3:「〜の時はやらない」というパターンを作らずに済む

潜在意識の改変に取り組むにあたって、たとえば、疲れているときはやらないとか、感情が大暴れしている時はやらない等と思って、取り組みを一時的に放棄すると、自分の中に条件付きの逃げ道を作ってしまいます

すなわち、都合の良い時には取り組み、都合が悪い時には取り組まないということであり、一度こうした逃げ道を作ると、それ以降も、「都合が悪い時には取り組まなくて良い」という選択をしてしまいやすくなります。

逆に言えば、潜在意識の改変に疲れたと感じた時でも、あなたがしっかり継続することで、逃げるためのパターンを作らずに、いつ如何なる時でも改変するための選択ができるあなたに一歩近くことができます

意義4:全てを台無しにせずに済む

潜在意識の改変に疲れた時に、疲れてしまったことを理由に、「これまでやってきたことが全て無駄だった」と嘆き、絶望し、これまでやってきたことを破壊してしまおうとする人がいます。

これでは、せっかく取り組んできたことが台無しになりますし、また次にやり直そうとするのにも、大変な労力が掛かってしまいます。

逆に、潜在意識の改変に疲れても、きちんと継続する方を選択することは、そのような破滅的な事態を避けることになるのです。

2.潜在意識の改変に疲れた人が、継続し続けるためのサポートツール

このように、潜在意識の改変に疲れた人が、それでも改変を継続し続けることには、4つの意義があります。

ですが、もしかすると、こうした意義があることが分かっても、継続し続けるだけの意志力を行使できないと感じる方もいるかもしれません。

そこで、そうした方のために、潜在意識の改変を継続し続けるためのサポートツールをご紹介しておきます。

それは、クリスタルマインド®CDの「破壊(破滅)をやめる」を聴くという方法です。

*クリスタルマインド®CDについては、クリスタルマインド®CDが人生を変える上で劇的な効果がある理由を参照ください

このCDは、潜在意識の改変に疲れた人が、これまで積み重ねてきた全てを投げ出し(破壊し)、破滅に至らないようにするためのCDです。
聴いていると、継続して積み重ね続けるためのエネルギーを受け取り、淡々と積み重ねられるようになっていきます

あなたが、潜在意識の改変に疲れたと感じた時に、ぜひ聴いてみてください。