潜在意識と顕在意識、無意識の特徴・違い・使い分け方

顕在意識 潜在意識 無意識

私たちの意識には、「顕在意識」「潜在意識」「無意識」の3つがあります。

そして、これらの特徴や違いを知っておくことは、あなたの人生を成功させるためには、本当に、本当に重要です。

なぜなら、多くの人は、人生のわずか12%にしか影響しない「顕在意識」だけしか意識できておらず、残り88%の影響を持つ「潜在意識」や「無意識」を活かせていないためです。

そこで今回は、「顕在意識」「潜在意識」「無意識」の特徴と違い、そして、人生を発展させるために、それら3つの意識の使い分け方をお伝えします。

1.潜在意識と顕在意識、無意識の特徴・違い

1—1.顕在意識の特徴

まず、顕在意識です。

顕在意識とは、多くの人が、普段物事を認識する際に用いている意識です。

多くの人は、思考、考え、意見、知識、経験、価値観、行動などを、自ら判断して、選択していると思っています。

そして、この顕在意識には、主に3つの特徴があります。

特徴①:目に見えやすい

顕在意識の特徴1つ目は、目に見えやすいということです。

自分の「思考」「考え」「価値観」「知識」「経験」は、自分が認識しているため、そのまま相手に伝えることができます。

また、自分の「行動」は、自分で認識しているだけでなく、そのまま他者に目に映ります。

このように、潜在意識で望んでいることは、比較的目に見えやすいものです。

ですが、目に見えやすいことが理由で、多くの人の目が顕在意識ばかりにいき、潜在意識や無意識が軽視される原因となっているのです。

特徴②:影響力が小さい

顕在意識の特徴の2つ目は、影響力が小さいということです。

具体的には、顕在意識が人生に及ぼす影響力は、僅か12%に過ぎないと言われています。

この12%という数字は、非常に小さいものです。

なぜなら、多くの人は、この顕在意識の影響力が100%であるかのように錯覚して生きているに等しく、ここに非常に大きな齟齬があるからです。

したがって、物事を上手くいかせようとして、思考、考え、意見、知識、経験、価値観、行動などを工夫して対応しても、これらは僅か12%の影響力しか持たないため、本人が思っているような結果が得られないということが多発してしまうのです。

特徴③:重要だと誤解されている

顕在意識の特徴の3つ目は、多くの人から、(顕在意識が)重要だと誤解されているということです。

実際、「教育」や「自己啓発」は、自分を変えるための分野として、広く受け入れられていますが、これらは主に、思考、考え、意見、知識、経験、価値観、行動などを変えることによって、自分を変えるというアプローチを用いています。

このことから、世の中では、(僅か12%しか影響力がないにも関わらず)顕在意識を変えれば、あたかも自分の全てを変えられるかのように扱われており、顕在意識が、実際以上に重要と思われて誤解されてしまっているのです。

特徴④:比較的容易に変えることができる

顕在意識の4つ目の特徴は、比較的容易に変えることができる点です。

たとえば、思考、考え、意見、価値観などは、自分次第では、その一瞬で変えることができます。

また、知識は誰でも身につけられますし、経験も時間さえあれば誰でも積むことができます。

そして、行動は、自分を奮起させれば変えられることも多いでしょう。

1−2.潜在意識の特徴

次に、潜在意識の特徴を見ていきます。

潜在意識とは、意識の深層部にある意識であり、顕在意識よりも意識の奥底に存在します。
そして、潜在意識に該当するものは、大きく2つあります。

1つは、あなたの「感情」です。
たとえば、怒り、悲しみ、執着、無価値感(=自分は愛されないという感情)、罪悪感、責められる恐怖、病気になる恐怖、見捨てられる恐怖、ハートブレイク、存在意義が崩壊する恐怖、被害者意識、権威との確執などです。
これらは、あなたが過去に、様々な出来事において経験した感情が、消化不良な形で蓄積・記憶されているものです。
そして、この過去の記憶は、あなたが生まれてから今日までの体験の記憶と、あなたの過去生での体験の記憶の両方を含みます。
そして、簡単に言えば、この感情があればあるほど、あなたの人生は上手くいかなくなります

もう1つは、あなたに生来備わっている、「神聖な意識」です。
私たちには誰しも、全てが上手くいくための潜在意識が、生まれつき備わっています。
このように聞くと、信じられないと思う方もいると思いますが、これは真実です。
それにも関わらず人生が上手くいかないのは、潜在意識に感情が蓄積され過ぎてしまっており、「神聖さ」ではなく「感情」を満たすために物事を判断してしまうためです。
たとえば、人生の分かれ道で、「神聖さ」が“右”に行きたくても、「感情」が“左”に行くことを強烈に望んでいれば、“左”に進んでしまい、人生が上手くいかなくなってしまうのです。

この潜在意識の特徴は、大きく4つあります。

特徴①:目に見えにくい

潜在意識の特徴の1つ目は、目に見えにくいことです。

先ほど、顕在意識は、比較的目に見えやすいとお伝えしましたが、潜在意識は、とても深層的な意識であり、本人ですらも自分がどのような潜在意識を持っているか分からないことがほとんどです。

具体的には、自分がどのような「神聖な意識」を持っているかや、自分の潜在意識にどのような「感情」が染み付いているかは、ほとんど理解されておりません。

特徴②:影響力が大きい

潜在意識の特徴の2つ目は、影響力が大きいことです。

先ほど、顕在意識の影響力は12%とお伝えしましたが、これに対して、潜在意識の影響力は、(後述の無意識の影響力と併せて)88%であり、圧倒的に影響力が大きいのが特徴です。

そのため、顕在意識で何を思っているかに関わらず、潜在意識で思っていることの方が実現することが圧倒的に多く、現実化力が非常に強いのです。

特徴③:重要度が認識されていない

潜在意識の特徴の3つ目は、重要度が認識されていないということです。

潜在意識は、これだけ影響力が大きいにも関わらず、世の中において、その適切な知識や扱い方が認識されておりません。

余談ですが、私が本サイトを立ち上げた理由も、この潜在意識の重要度について、多くの方に知って頂きたいためです。

本サイトのサイト名は「潜在意識のチカラ」ですが、これは、潜在意識には大変大きな影響力があるということを認識して頂きたい、という想いから命名しています。

また、「チカラ」と片仮名にしているのは、漢字にするとあまりにも普通に読めてしまうので、片仮名にすることで「普通の力と何か違って、特別な力のことを伝えたいのかな?」と感じ取って頂きたかったためです。

特徴④:一般的には、書き換えることが容易ではない

潜在意識の特徴の4つ目は、一般的には書き換えることが容易ではないことです。

潜在意識の書き換えでは、潜在意識の記憶から感情を手放していく必要がありますが、潜在意識は、今のままで留まろうとするため、この書き換えは容易ではないとされています。

ただし本サイトでは、潜在意識を簡単に書き換えるための方法として、クリスタルマインド®CDというツールをお伝えしています。

これについては、「クリスタルマインド®CDが人生を変える上で劇的な効果がある理由」をご覧ください。

1−3.無意識の特徴

最後に、無意識の特徴をみていきます。

無意識とは、潜在意識よりも、さらに深層部の意識です。

とても深いところにある意識であり、あなたの身体や血液や、細胞などに深く染み付いている意識です。

本サイトでは、無意識は、潜在意識とセットとして扱っています。

なぜなら、顕在意識ばかりに目が行きがちな現代社会において、まずは、(無意識に比べて扱いやすい)潜在意識に注目して頂きたいからです。

そして、無意識の扱い方は、潜在意識と基本的に同じであるため、本サイトでは、「潜在意識」という言葉を、潜在意識と無意識をセットにした意味で用いています

1−4.潜在意識と顕在意識の違い

以上を踏まえて、潜在意識と顕在意識の違いを整理したのが、以下の表です。

顕在意識 潜在意識
目に見えるか 見えやすい 見えにくい
影響力 小さい(12%) 大きい(88%)
重要度 重要でないのに、過剰に重視されている 軽視されている
変え方 比較的容易に変えられる 一般的には、容易には変えられないが、クリスタルマインド®CDなら簡単に書き換えられる

2.潜在意識と顕在意識

2−1.潜在意識と顕在意識の不一致

これまでお伝えしてきたように、潜在意識と顕在意識には、大きな違いがあります。

そして、多くの人は、顕在意識で思っていることと、潜在意識で思っていることとが一致せず、ギャップが生じてしまっています

すなわち、顕在意識では、人生を成功させたいと思っていても、潜在意識では、人生を失敗させたいなどと思っていたりします。
この場合、潜在意識で思っている通り、人生が失敗してしまいますので、理想(=顕在意識で願っていること)と現実(=潜在意識が願っていること)とのギャップが生じるのです。
これでは、あなたの意識がバラバラに分離しており、100%の力を成功に向けることができません。

そこで必要なのが、潜在意識を書き換えて、顕在意識と潜在意識の願いを一致させることなのです。

これにより、2つの意識で望んだ通りに物事を結実させることができます。
ちなみに、本サイトでは、このようなマインドを、クリスタルマインドと呼んでいます。
※詳しくは、「クリスタルマインドとは」をご覧ください。

2−2.潜在意識と顕在意識の使い分け方

それでは、以上を踏まえて、私たちは、潜在意識と顕在意識とを、どのように使い分けていけば良いのでしょうか。

まず、潜在意識をメインとして捉えることが必要です。
人生で上手くいかない出来事があった時に、その原因が、自分の潜在意識にあると捉えて、潜在意識を書き換えることによって対処するということです。
潜在意識が88%の影響力を持つことを考慮すると、人生を上手くいかせるためには、潜在意識の書き換えを目的として生きるくらいのつもりで考えておいたほうが良いでしょう。

そして顕在意識は、あくまで潜在意識を書き換えるための手段として使うことが重要です。
本当であれば、潜在意識の書き換えだけを行なっていければ良いのですが、潜在意識を初めて扱う人にとっては、それは困難です。
そのため、まずは、顕在意識によって、潜在意識の仕組みや効果、働きかけ方などを知識として学び、それを自身に当てはめて行くことが必要です。

潜在意識について学びたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。

2−3.潜在意識と顕在意識を一致させる方法

以上でお伝えしてきたように、人生を成功させる上では、潜在意識を書き換えて、顕在意識と一致するようにすることが重要なのです。

そして、そのために、本サイトでは、クリスタルマインド®CDというツールをご紹介しています。

これは、聴くだけで、潜在意識に働きかけて、潜在意識と顕在意識と一致するようにするツールです

興味のある方は、下記もご覧ください。