人との絆は、5属性で結ぶ!潜在意識を駆使した絆の創り方

絆

あなたは、普段どのくらい“絆”を感じているでしょうか?
絶対に切れないと言える“絆”を、結べているでしょうか?

実は、多くの人は、本当に深い絆を感じることが出来ないまま生きているか、一生懸命結んだ絆が切れてしまいます。

なぜならば、
絆の本質は、状況や相手の特徴ではなく、あなた自身が絆を結ぶための潜在意識にある”
ということを理解していないためです。

そこで今回は、本当の絆とはどういうものか、その絆を結ぶための潜在意識とはどのようなものであり、どうすれば、あなたがその潜在意識を手に入れられるのかをお伝えします。

1.絆とは

1−1.多くの人は絆を結べない

あなたには、誰との絆があるでしょうか?
たとえば、

      • 家族との絆
      • 学生時代の友人との絆
      • 職場の同僚や、お客様との絆
      • 地域社会での絆

など、人によって様々な人の名前が挙がるでしょう。
ですが、その絆は、

      • 素晴らしい出来事があった時以外にも、感じられますか?
      • 彼らに対して、感情的な摩擦があった時でも感じられますか?
      • 自粛期間や多忙のため、彼らに会えていない間も感じられますか?
      • 引っ越しや単身赴任などで、物理的な距離があっても感じられますか?
      • 彼らと数年、数十年会えなくても感じ続けられますか?
      • 彼らが亡くなった後でも、彼らとの絆は存在し続けていますか?

もし物理的な距離や、時間の経過によって、あなたの絆が切れたり、弱まったりすると感じるならば、その分だけ、あなたの絆は偽物です。

もしくは、あなたが、あなたと仲の良い特定の人としか絆を感じることができないならば、やはり、その絆は偽物です。

なぜならば、本当の絆”は、どこにいても、誰といても、どれだけ時間が経っても、永遠に切れないものだからです。

1−2.本当の絆の5属性

詳しくまとめると、本当の絆には、次の5つの属性があります。

    1. 「物理的な距離」に関係なく結ばれているもの
    2. 「状況」に関係なく結ばれているもの
    3. 「時間的な距離」に関係なく結ばれているもの
    4. 「(自分や相手の)生死」に関係なく結ばれているもの
    5. 「相手が誰か」に関係なく結ばれているもの

つまり、本当の絆は、何があっても揺らぐことがなく、とても安定感のあるものです。
そして、この特徴を見ると、如何に多くの人が、その絆を結べていないかがお分かりかと思います。
たとえば、「昔は大変仲が良かった学生時代の友人」とも、大人になってからはすっかりと疎遠となり、絆が切れてしまったと感じている方も多いかともいます。ですが、本当の絆は、たとえ数十年会えなくても、いつまでも心の中では絆が結ばれ続けているものです。

また、「親や配偶者、子供、友人などが亡くなった」ことで、絆が途切れてしまい、とても寂しい想いをしたという方もいるでしょう。ですが、本当の絆は、生死にすら関係なく、いつまでも心の中では、絆がある実感を持てているものです

このようにお伝えすると、もしかしたら、「そのような絆など存在せず、無理やり絆があるものと思い込もうとしているだけだ」と感じる方もいるかもしれません。
ですが、本当の絆は、確かな実感を伴うものです。

さらに、なんと本当の絆は、相手と逢えなくなった今からでも、結び直すことが可能です。
つまり、疎遠になったり、喧嘩別れしたり、相手が亡くなった後からでも、あなたは相手の方との絆を修復することが可能なのです。

1−3.絆を結べない原因

それでは、どうして多くの人は、本当の絆を結ぶことが難しいのでしょうか?
その原因は、なんと、あなた自身が、絆を断ち切ってしまっているからです。

つまり、「物理的距離」「状況」「時間的距離」「生死」「相手(が誰か)」の問題ではなく、あなた自身が絆を断ち切ったから、絆を実感できなくなっている
ということです。
さらに言うと、その絆は、今も断ち切ったままなのです。

断ち切ったと聞くと、受け入れがたく、信じられないことだと感じるかもしれませんが、
実は、「その絆を断ち切ったのがあなた自身だということは、あなたが一番よく知っているはず」です。
具体例を挙げて説明すると、あなたが、亡くなった祖父との関係について想い馳せてみた時に、祖父に意地悪をされ続け、今でも祖父との間で確執を感じているとします。
この場合、あなたは祖父に対する確執を持っている分だけ、祖父との関係を拒絶しており、絆を実感できなくなっているのです。

2.永遠に切れない絆の結び方

2−1.絆を結べる潜在意識へと書き換える

実は、どのような経緯があったにせよ、誰かに対して、感情的な摩擦を抱いてきた記憶の量だけ、あなたの絆が切れてしまっています。そして、その記憶は、あなたの潜在意識には残っています。
そして、先の例のように、祖父に対する明らかな確執が認識できるケースばかりではなく、人は、大半の不快な記憶は忘れてしまっているものです。
ですが、それは単に忘れているだけで、あなたの潜在意識には残っているため、あなたの絆が切れてしまっているのは事実です。

そのため、あなたが絆を結べるようになるためには、絆を結べる潜在意識へと、あなたの潜在意識を書き換えることが必要です。

いったん、そのような潜在意識を手に入れてしまえば、あなたのその絆は永遠に切れないので、
いつか絆が切れてしまう不安を抱くことも無くなります。そして、あなたは、無限大の安心感を手にすることができます。

2−2.潜在意識の書き換えは、通常容易ではない

ですが、あなたがが断ち切ってきた絆の分だけ、この書き換えの難易度は上がります。

そのため、もしかしたら、もう今更修復が出来るはずがないと、途方にくれてしまう方もいるかもしれません。

絆の修復に限らず、一般に、潜在意識とは、あなたの記憶に深く沈み込んだ意識なので、扱うことの難易度は決して低くありません。

2−3.潜在意識を駆使して、5属性の絆を結ぶには

ですが、この潜在意識の書き換えを、1つ1つ比較的容易に進めていける方法があります。それが、次のクリスタルマインド®CDを聴くという方法です。

まず、「コミュニケーション〜繋がりを取り戻す〜」ですが、こちらは聴いていると、たくさんの人との絆を大切にしようという意識が育まれます強固な絆を結んでいきたい方や、絆を結ぶことへの興味関心が薄れている方が聴くと、絆を修復していくことを大きくサポートしてくれます

次に、「円満な別れ〜離別〜」ですが、今はもう逢わない、逢えない人との絆を修復したい方にとっては大切なCDです。なぜなら、その方との別れの経験、記憶が、ネガティブな感情を伴ったものとなっている場合、その経験、記憶によって繋がりが断ち切られたままになっているからです。たとえば、喧嘩別れや、辛い死別、わだかまりを残したままでの離別などが気になる方は、別れに関する潜在意識を、円満なものへと書き換えることが必要となります。

以降はオプションですが、1つ目の「許し」は、自分や他者に対する「許せない」という想いがある場合、「コミュニケーション〜繋がりを取り戻す〜」や「円満な別れ〜離別〜」に組み合わせて聴くと良いでしょう。自分や他者を許せると、本当に繋がりを実感できるようになります。

2つ目の「罪悪感を・・」は、誰かとの関係性の中で、たとえば、酷いことを言ってしまったとか、冷たく接してしまった等、自分の行為や選択に関する負い目を感じている場合に聴くと良いでしょう。「コミュニケーション〜繋がりを取り戻す〜」や「円満な別れ〜離別〜」を聴いていると、そうした負い目を思い出すことも増えますので、「罪悪感を・・」を組み合わせて聴くことで、罪悪感を手放し、絆を1つ1つ修復していくことができます。

以上のように、潜在意識の書き換えに取り組んでいくことで、あなたは絆を徐々に修復させていくことができ、誰かと繋がっている実感を得られるようになっていきます

逆に言うと、あなたが意図的に、意識的に潜在意識の書き換えに取り組まない限り、これから先も、絆が切れたままです。いえ、もっと言えば、あなた自身が繋がりを断ち切ったままです。
あなたの潜在意識は、あなたが意図的、意識的に書き換えようとしない限り、自然と書き換わることは絶対にありません。

この場合、たとえばコロナウイルスに伴う自粛等で、他者との物理的距離が出来るだけで絆は消え去りますし、親しい人の絆でも死と共に無くなってしまうかもしれません。

ぜひ絆を修復して、いつも誰かと繋がっている実感のある、満足感のある関係性を築いていってください。

まとめ

  • 多くの人は、本当の絆を持っておらず、簡単に絆を失ってしまう
  • 本当の絆は、物理的距離や、時間的距離、生死などに関係なく実感できるもの
  • だが、多くの人は、自ら絆を断ち切って潜在意識を持っているため、絆の修復には、潜在意識の書き換えが必要
  • 潜在意識の書き換えは、意図的、意識的に行わない限り、書き換わることは絶対にない
  • 絆の修復には、以下のクリスタルマインド®CDを聴くことが有効