【最先端】真のリーダーシップを自然に取る為の3つの急所

リーダーシップ

あなたは、リーダーシップを発揮するのが得意ですか? 何をする時も、誰といる時も、立派なリーダーでいられる自信がありますか?

実は、多くの人は、リーダーシップについて、重大な誤解をしています。

そして、多くの人が立派なリーダーだと認識している人の大半が、実は本当のリーダーシップを発揮できていないのです。

そこで、今回は、真のリーダーとはどんな人であるのかを説明し、あなたがそのリーダーになれるための、とても簡単な方法をお伝えします。

安心してください。以下の内容を順番に読んで頂ければ、その方法自体はまったく難しくありませんので、あなたも真のリーダーシップを発揮するために一歩踏み出すことが出来るはずです。

1.多くのリーダーは、自分勝手にリードしている

あなたは、リーダーと聴くと、どのようなイメージを持つでしょうか?

    • 有能で、結果を出せる人でしょうか?
    • 自信のある人でしょうか?
    • 結果を出せる人でしょうか?
    • 様々な知識を持ち、特定領域の経験を積んだ人でしょうか?

これらは、リーダーのイメージとして、多くの人に共通するものかもしれませんが、逆に、以下のようなネガティブなイメージを持って居る方もいるかもしれません。

    • 怒鳴る人
    • 声の大きな人
    • 強引な人
    • 傲慢な人

このように感じている人が居ることは、ある意味的を得ており、多くの人は、リーダーとしての権限を、組織やチーム、集団の目的/目標達成のために、100%活用できているとは言えません。

たとえ、リーダー本人の認識では、目的・目標のためにリードしているつもりであっても、実はそれが建前に過ぎず、本当は別の動機でリードしているケースが、ほぼ100%なのです。
その場合、良かれと思ってリードしていても、むしろ、組織やチーム、集団を、目指すべき目的/目標から遠ざけてしまっていることさえ、頻繁にあります。

それでは、 こうした偽りのリーダーシップには、具体的にどのようなパターンがあるのでしょうか。以下で、1つ1つ説明していきます。

1−1.自分のためにリードしているなら、真のリーダーではない

まず1つ目は、リーダーが、自身の欲求を満たすためにリードしているケースです。たとえば、あたなは、以下のようなリーダーを見たことがないでしょうか?

    • 自分がやりたくないことを、他の人に押し付けるリーダー
    • 自分の自尊心を満たすため、自分の知識や能力を周囲に見せつけるリーダー
    • 不機嫌な時は八つ当たりするなど、自分の感情を優先するリーダー
    • リーダーとしての立場を悪用し、周囲に対して偉ぶるリーダー
    • 自分が評価を得るために、周りの人を利用しようとするリーダー
    • リーダーとしての立場を利用し、自分の意見を通したがるリーダー

これらはどれも、リーダーが自分の欲求を満たすことに意識を向けてしまっています。そして、意識が逸れて居る分だけ、本来の目的/目標の達成のために有効なリードができなくなってしまっています。
もしあなた自身が、このようなリーダーだとしたら、組織・チーム・集団のためにも、あなた自身のためにも、早急に改善した方が良いでしょう。なぜなら、周囲の人は、あなた自身がそのような動機でリードしていることを薄々感づいていますし、不快感・嫌悪感を抱いていることさえあるからです。

また、以上を踏まえると、最初に述べた「有能さ」「自信」「結果」という、リーダーに対する多くの人の共通イメージには、リーダーが自身の欲求を満たそうとしたケースが混じっている可能性があることにも、気づくでしょう。
後述しますが、真のリーダーシップは、多くの人が認識しているような「有能さ」「自信」「結果」とは必ずしも一致せず、さらに一段高みにあるものです。

1−2.知識や経験によってリードしているなら、真のリーダーではない

偽りのリーダーシップの2つ目のパターンは、人によっては、大変受け入れがたく感じるかもしれません。
ですが、あなたがもし、知識や経験を持っていることで、自身をそれだけ価値あるリーダーだと感じ、逆にその知識や経験を失ったら、自身のリーダーとしての価値が小さくなると感じているならば、その知識や経験は、あなたにとって“過度に”重要なものになってしまっています。
具体的には、次のようなことが起きる可能性が高いでしょう。

    • その知識や経験を活用してリードできる場面では、たとえ他に最適な方法があってもそれに目がいかず、その知識、経験を用いてリードしてしまう
    • その知識や経験を周囲から否定されることを怖れ、周囲の人に対して身構えるなどして、コミュニケーションがぎこちなくなる

誤解して頂きたくないのですが、私は、リーダーには知識や経験が不要だという話をしているわけではありません。むしろ、知識や経験自体は、とても大切だと考えております。
ただ、その知識や経験に依存して、自身の価値を担保しているリーダーは、本当の意味のリーダーシップを発揮できているとは言えないということです。

真のリーダーについては、後ほど詳しくご説明します。

1−3.リーダーで居ることが自然でないなら、真のリーダーではない

本記事のタイトルが「【最先端】真のリーダーシップを自然に取れる為にすべき事は1つだけ」となっているように、真のリーダーシップとは、自然に取れるものです。

あなたが、リーダーとしての立場にある(あった)時のことを思い浮かべて頂きたいのですが、
リーダーをやっていて、その立場を負担で厄介なものと感じ、ストレスが増大したと感じたことはないでしょうか?
また、リーダーとして為すべきことの責任に縛られ、窮屈に感じていることはないでしょうか?

たしかに、リーダーになれば、果たすべき責任は大きくなりますが、真のリーダーは、責任が大きくなることを歓迎し、自由が増したと感じるのです。

このことを整理すると、以下の表のようになります。

偽のリーダー 真のリーダー
責任に対する捉え方 負担であり、厄介なもの 歓迎すべきもの
心理状態 ストレスが増える ストレスが減る
自由 小さくなる 大きくなる

つまり、真のリーダーは、リーダーであることに無理がなく、自分にとって自然で、心地が良いと感じられ、その立場にいることで、自分の幸せに繋がっているとさえ感じられるのです。

2.真のリーダーシップを取るには、リーダーとしての意識が必要

ここまで、「偽りのリーダー」と「真のリーダー」の違いについてお伝えしてきましたが、丁寧に読み進めて頂いた方には、両者が全く質の違うものであるということは、ご理解頂けたかと思います。
それでは、偽りのリーダーに陥るのを避け、真のリーダーになるにはどうしたら良いかについて、説明していきます。

2−1.リーダーとしての意識が必要

結論から述べると、 真のリーダーの証とは、“リーダーとしての意識”を持っているということです。
これを聴くと、もしかすると、「そんなことは当たり前じゃないか。リーダーなのだから、リーダーとしての意識を持っているに決まっている」と思う方もいるでしょう。

ですが、多くのリーダーは、本当の意味での“リーダーとしての意識”を持っていません。そして、その意識を持っていないことで真のリーダーシップが取れないために、代わりに、偽りのリーダーシップを取らざるを得なくなっているのです。

たとえば、“リーダーとしての意識”があると、自分のリーダーとしての判断や振る舞いに対して、自身の心の中に一切の疑いがありません。したがって、周囲から認めてもらって自尊心を満たす必要もなければ、偉ぶる気さえ湧かず、偽りのリーダーシップを必要としないのです。

ここで重要なのは、

真のリーダーになりたかったら、リーダーとしての判断や振る舞い、評価を気にするよりも、「リーダーとしての意識」を得ることにフォーカスするべき

ということです。

2−2.リーダーとしての意識とは、全てが上手くいくことを願う意識

それでは、リーダーとしての意識とは、具体的にどのような意識でしょうか。これは、“全てが上手くいくことを願う意識”です。ここでいう“全て”というのは、次のような意味です。

    • 組織、チーム、集団の目的/目標が、最高の形で達成される
    • リーダー自身が、幸せになれる
    • 「組織、チーム、集団」のメンバーや関係者全員が、幸せになれる

もちろん、短期的には、全てが上手くいくようには見えない場合もあります。また、ある人が幸せになっても、別の人が不幸になったと感じられる場合もあるでしょう。
ですが、真のリーダーの意識があれば、すべてが、本当に高いレベルで上手くいきます。たとえば、これまで述べてきたメリットに加え、次のようなことも起きるでしょう。

    • 全体を考えての判断なので、強引や傲慢ではない
    • 他者への配慮があるので、自分がやりたくないことを他者に押し付けたりしない
    • 全体を考える心の余裕があり、自分の感情を優先したり、自分の意見を無理に通したりしない
    • 気持ちを押し込めることもなく、無理がない

逆に言えば、偽りのリーダーシップでは、自分の欲求を満たすことを優先したり、自身の知識経験に対する囚われたり、リーダー自身が心的負担、ストレス、不自由さを感じていたりするため、すべてが上手くいくとは言えなかったわけです。

このリーダーとしての意識を身につけることこそが、あなたのリーダーシップに関する悩みを一掃するための“急所”に当たります。

ですが、ここで大きな問題があります。そうです、そのリーダーとしての意識を身につけるということが、通常は容易ではないということなのです。

2−3.リーダーとしての意識を身につけるのは、一般的には難しい

あなたは、これまでの人生において、どのようなリーダーだったでしょうか?
真のリーダーとして生きてきたという方は、これ以降の内容は読む必要がないかもしれません。なぜなら、ご自身が今までなさってきたように、今後も、すべてが上手くいくことを願い、たくさんの人を幸せに導くリーダーとして生きていくことができるはずだからです。

ですが、少なからず、偽りのリーダーとして生きてきた自覚がある方が、真のリーダーシップを発揮できるようになるには、偽りのリーダーシップを好んで発揮してきたことから生じる、リーダーシップに対する苦手意識や、ご自身の誤ったリーダーシップスタイルなどを、1つ1つ改めていくことが必要です。

このように聴くと、とても大変なことが待ち構えているかのように、感じるかもしれません。ですが、安心してください。
あなたが、真のリーダーシップを発揮できるようになることを強烈にサポートしてくれる方法が存在します。

2−4.真のリーダーシップを自然に取る為の3つの急所

その方法とは、以下のクリスタルマインド®CDを聴くことです。

※クリスタルマインド®CDについては、クリスタルマインド®CDが人生を変える上で劇的な効果がある理由の後半で詳しく説明しています。

まず、「リーダーとして生きる」は必須です。ただ聴いているだけで、先ほどからお伝えしている「すべてが上手くいくことを願う意識」を、自身の潜在意識の中に、そのまま擦り込めるCDです。

次に、以下の3つが、ご自身の取ってきた偽りのリーダーシップを克服するためん急所ですので、「リーダーとして生きる」と併せて聴くことを推奨します。

  • 罪悪感を・・・
    これは、今まで自分が偽りのリーダーシップを取ってきたことや、現在偽りのリーダーシップを取っていることに関して、 罪の意識を感じるようであれば聴きましょう。その罪の意識が消えた分だけ、真のリーダーシップを取るスタイルに移行しやすくなります。
  • 存在意義が崩壊する恐怖を癒す
  • 真のリーダーとして生きるには、これまでの偽りのリーダーとしての自分(自尊心を満たそうとする自分や、知識/経験に依存する自分、自分勝手なにリードする自分など)を崩壊させ、手放していくことが重要です。このように、これまでの自分のやり方でリードできなくなることに恐怖や不快感があるようなら、このCDを「リーダーとして生きる」に組み合わせて聴いてください。
  • 無価値感を溶かす
    これを組み合わせると良いのは、端的に言えば、リーダーシップを取ることに自信がない場合です。たとえば、自分はリーダーなんて不向きだとか、自分にはリーダーとして振る舞うだけの能力がない等の想いが強い方は、このCDを「リーダーとして生きる」に組み合わせると良いでしょう。

上記のCDを組み合わせて聴けば、あなたのリーダーシップに関する、これまでの悩みも無くなっていきます。すなわち、リーダーシップを取れないことで傷ついたり、悩んだりすることも、次第に減っていきます。

さらに、多くの人の人生を幸せに導くことができるようになり、たくさんの人から感謝される人生を送れるようになっていきます。そうなれば、あなたのセルフイメージも大きく改善し、「自分は、本当に役立つ人間なんだ」という実感を持って毎日の仕事に取り組めるようになります。当然、周囲の人との人間関係も、良好になるでしょう。

一方、これまでの偽りのリーダーとしての意識のまま生きるなら、真のリーダーシップをとった場合と違い、すべてが上手くいくようなリーダーとして生きることは難しいでしょう。
あなたの潜在意識は、あなたが意図的、意識的に書き換えようとしない限り、自然と書き換わることは絶対にありませんので、偽りのリーダーから脱することもありません。

あなたが真のリーダーとして目覚め、たくさんの人の幸せのために生きてくださることを、心より願っています。

3.まとめ

  • 「自分のためのリーダー」「知識や経験によるリーダー」「リーダーでいることが自然でないリーダー」 は、“偽りのリーダー”であって、“真のリーダー”ではない
  • 真のリーダーになるには、すべてが上手くいくことを願う「リーダーとしての意識」が必要
  • ただし、潜在意識の書き換えは一般的には容易ではなく、意図的、意識的に書き換えないと、自然と書き変わることはない
  • だが、下記のクリスタルマインド®CDを組み合わせて聴くだけで、真のリーダーとして生きれるようになる