潜在意識で劣等感を克服し誰かの成功を喜べる心になる方法

劣等感 

あなたは、自分以外の誰かに素晴らしい出来事があった時に、素直に「おめでとう」を言えるでしょうか?
また、口では「おめでとう」を言っていても、劣等感によって相手のことを内心妬み、むしろ相手の失敗を望んでいる自分に気づくことがありませんか?

実は、あなたが劣等感から誰かを妬んでいることは、あなたがそのことを隠しているつもりでも、相手には直感的にバレています
なぜなら、言葉には出さなくても、あなたの雰囲気や態度、表情に、劣等感や妬みが全て現れるからです。

そこで今回は、劣等感がどのような感情であり、潜在意識を使って劣等感を弱めていくための簡単な方法をお伝えしていきます。

1.劣等感は、自分も他人も失敗させる

1−1.劣等感が強い人

劣等感とは、次のような感情です。

  • 自分よりも優れた人と比較して、「落ち込んだり」「嘆いたり」する感情
  • 自分自身に対する「無能感」を伴う感情で、「悲しみ」が混じることも多い感情
  • 相手に対する「妬み」と「恨み」が混じった感情

そして、劣等感が強い人は、この辛い状態に陥るのを避けるため、

  • 自分よりも優れた人に近づくことを避けがち
  • 劣等感を感じる出来事を敬遠しがち
  • 自分の劣等感を刺激されると怒るか、黙り込んで拒絶しがち
  • 自分の劣等感を刺激されないように「自己防衛」に走りがち
  • 自分のコンプレックスに触れられないように、自分から先に「牽制の攻撃」を仕掛けたりしがち
  • 敢えて自分からコンプレックスをさらけ出し、相手からそれ以上コンプレックスに触れられないように仕向けがち

といった特徴があります。ですが、あなたなら、このような人に近づきたいと思うでしょうか?

以上のように、劣等感の強い人には、コミュニケーション上苦労する場面が、如何に多いかが、お分かりかと思います。

1−2.劣等感があると、成功が遠のく

ですが、劣等感が多い人が苦労するのは、コミュニケーションだけではありません。劣等感があると、なんと自分も、他者も、成功から遠のいてしまうのです。

自分の成功が遠のく理由

劣等感がある人は、他者の成功を妬み、相手が自分に劣等感を抱かせたと認識して恨むのですが、そうすると自分が成功しようとした際に、周囲の誰かから(かつて自分がしたように)妬まれ恨まれるのではないかと感じてしまいます。そして、それが怖くて、成功することを躊躇し、敢えて自分から成功できない選択をしてしまいます。つまり、自分が成功から遠のくのです。

他者の成功を遠のかせる理由

あなたが劣等感を抱き、妬んでいることは、あなたの態度、表情、雰囲気を通して、相手に伝わっているものです。そして、それが伝わった相手は、成功することが悪いことのように感じてきて、成功する選択が取りづらくなってしまいます

1−3.劣等感の原因

それでは、どうしてこのような劣等感が生まれるのでしょうか? 実は、劣等感の原因は、あなたの潜在意識にあります

あなたの潜在意識が、「落ち込むことで、(この世界を創った)神を恨んでいたい」という願望を持っていると、その願望を実現するために、周囲の優れた人と自分とをわざわざ比較するという手段を用いて、劣等感を抱いて落ちこもうとするのです。

つまり、あなたが何かにおいて劣っているから劣等感を抱いているのではなく、あなたが落ち込みたい潜在意識を持っているから、あなたは劣等感を抱いているのです。

このことは、やや受け入れ難いことに思えるかもしれませんが、そもそも理屈で考えれば、自分と他人の特徴は比較する必要がないはずです。それでも、敢えて比較し、自ら苦しもうとするのは、あなたの潜在意識にとっては、落ち込む事自体が目的となっているからです。

2.潜在意識を使って劣等感を克服し、他者の成功を素直に喜べる自分へ

2−1.劣等感のない潜在意識へ

それでは、劣等感のない潜在意識とは、どのようなものでしょうか? それは、「他者の成功を素直に喜べる潜在意識」です。
すなわち、誰かが成功したら、まるで自分のことのように喜ぶことができ、一緒に分かち合えるということです。

それでは、この「他者の成功を素直に喜べる潜在意識」になったら、あなたの人生はどのように変わるでしょうか?

  • 相手が成功したら、それを心から喜び、お祝いの言葉を投げかけ、共に心から分かち合うことが出来る
  • そのような性格のあなたなら、これまで以上に周りから愛され、人が集まるようになる
  • 当然、相手の失敗を願う罪悪感も消え、自らの性格の悪さに嫌気が差すこともなくなる
  • (相手から劣等感を抱かれ、妬まれる心配が消えるため)あなたが成功することに怯える必要もなくなり、あなた自身も成功できるようになる

いかがでしょうか? 劣等感のない潜在意識なら、あなたは本当に素晴らしい人生を生きることができるようになります。

2−2.潜在意識を変えるのは、通常容易ではない

ですが問題なのは、このような潜在意識のシフトは、通常容易ではないということです。

潜在意識とは、あなたのこれまでの感情的選択の記憶によって出来ています。そのため、これまでに、あなたが劣等感を抱き、落ち込み、嘆き、悲しみ、相手を妬んで生きてきた記憶(時間)の分だけ、あなたは「他者の成功を素直に喜べる潜在意識」には遠いということです。

あなたが新しい潜在意識になるためには、劣等感を抱き、他者を妬み恨むのはやめて、他者の成功を素直に喜ぶ生き方を積み重ねる必要があります。
ですが、安心してください。その潜在意識の書き換えを簡単に行える方法があります。

2−3.潜在意識で劣等感を無くし、誰かの成功を喜べる心になる方法

それが、以下の計5つのクリスタルマインド®CDを聴くという方法です。

まず必須として聴くべきは、「感謝と祝福」と「無価値観を溶かす」です。このうち、劣等感という感情を取り除くためにダイレクトに役立つのは、「無価値観を溶かす」です。他者と比べて劣等感や無能感を抱き、落ち込み、他者や神を恨むという感情を、取り除くことができます。コンプレックスの強い人や、自分に自信のない人にとっては、命綱のように大切なCDです。
また、「感謝と祝福」は、他者の成功を素直に祝福(お祝い)できるようになるCDです。ただし、劣等感が強い人がこのCDだけを単独で聴いていると、祝福(お祝い)したくない気持ちが噴き出てくるため、「無価値観を溶かす」と組み合わせて聴くことが重要です。

以降は、さらに劣等感を弱めていきたい人へのオプションになりますが、オプション①の「罪悪感を・・」をここでオススメしているのには、2つの狙いがあります。1つは、他者の成功を妬み、失敗を願ってきた罪悪感を手放す狙いです。この場合、「感謝と祝福」→「罪悪感を・・」の順で繰り返し聴くと良いでしょう。
もう1つは、自身の劣等感、無能感に浸ることで、本来すべきことをして来なかった罪悪感を手放す狙いです。「自分は劣っていて出来ないから」と言い訳して何かを仕事や人間関係などを放棄してきた人は、その罪悪感を手放す必要があります。この場合、「感謝と祝福」→「無価値感を溶かす」→「罪悪感を」の順が良いでしょう。

オプション②の「悲しみを手放す」は、自分の劣等感に「悲しみ」が付着している実感がある人にオススメです。自分のコンプレックスや、自分の至らない点について思いを馳せた時に、ふと悲しくて切ない気持ちになるならば、「悲しみを手放す」を組み合わせることで、劣等感をより深く癒すことができるでしょう。聴く順は、「感謝と祝福」→「無価値感を溶かす」→「悲しみを手放す」が良いです。

オプション③の「本当に成功してしまう事への怖れを取り除く」は、劣等感を手放した先で、人生を成功させていくことまで視野に入れている人にオススメです。先に述べた通り、劣等感が強い人は、せっかく成功するチャンスを得ても、周囲の人に劣等感を抱かせ妬まれることを極端に怖がるため、なかなか成功できません。逆に言えば、「本当に成功してしまう事への怖れを取り除く」を聴いて、周囲から妬まれる怖れを取り除けば、同時にあなたの劣等感も無くなっていきます。聴く順は、「本当に成功してしまう事への怖れを取り除く」→「無価値感を溶かす」が良いでしょう。

以上の通り、あなたは潜在意識を書き換えれば、辛い劣等感から抜け出し、自分も他人をも成功させることができます

ですが一方で、この潜在意識の書き換えを行わなければ、あなたは劣等感に苦しみ続ける人生を歩むことになります。
自身の心に浮かんでくる劣等感から、どんなに目を背けようとしても、誰かの成功を見る度に、嫉妬心を抱き、コンプレックスに苦しみ、他者の失敗を望む“性格の悪い自分”に嫌気が差したままです。
そして、あなたの潜在意識は、あなたが意図的、意識的に書き換えようとしない限り、自然と書き換わることは絶対にありません。

ぜひ、劣等感から自由になり、心満たされる人生を歩んでください。

まとめ

  • 劣等感が強いと、他者とのコミュニケーションは上手くいかない。また、自分をも他人をも、成功から遠ざける
  • 劣等感の原因は、あなたの潜在意識にあり、「他者の成功を素直に喜べる潜在意識」になることが重要
  • ただし、一般的に潜在意識の書き換えは容易ではなく、意図的、意識的に書き換えない限り、自然と書き換わることはない
  • 「他者の成功を素直に喜べる潜在意識」になるには、以下のクリスタルマインド®CDを聴くことが有効
  • 感謝と祝福無価値感を溶かす (必須)
  • タイプ別オプション①:罪悪感を・・・
  • タイプ別オプション②:悲しみを手放す
  • タイプ別オプション③:本当に成功してしまう事への怖れを取り除く