キレる人必見!2大アプローチによる、キレる衝動の撲滅論

キレる

あなたは、“キレる”ことがありますか?

急に、“キレて”しまい、後悔したことはありませんか?

キレる自分を変えたいと思ったことはありませんか?

実は、もし既に、あなたがキレやすい体質なら、“キレる”のを辞めることは容易ではありません。

なぜなら、あなたが“キレる”のは、あなたの潜在意識の問題だからです。

そこで今回は、“キレる”潜在意識とその書き換え方についてお伝えします。

1.キレる人とは

1−1.キレる人の特徴

まず、キレる人には、次のような特徴があります。

    • 誰かに八つ当たりする
    • ぶっきらぼうに接する
    • 急に叫び出す
    • 激しく貧乏ゆすりをする
    • 頭を抱え、眉間にシワを寄せる
    • パソコンのキーボードを叩きつける
    • 衝動的に、机を叩きつける
    • 物に当たる、物を投げる
    • 急にキレるスイッチが入り、怒鳴り散らす
    • 周囲に対して威嚇的であり、近寄り難い
    • キレる夢をよくみる

これらは、冷静に考えれば、どれも非生産的な行動であり、人生に一切役立たないでしょう。

ですが、キレる人は、どうしても自分の感情を抑えキレず、上記のような行動を取ってしまうのです。

なお、このページでは、“キレる”という言葉を「急に感情的になって、人や物に当たる」という意味で用いていますが、「怒り」や「イライラ」については、以下もご覧ください。

怒りの根源を苦もなく撲滅し、いつも温厚な人へと生まれ変わる新方式

イライラする本当の原因とは?イライラが止まらない人の最後の対処法

1—2.キレる人の潜在意識

それでは、キレて1−1のような行動をとる人は、潜在意識では、どのようなことを感じているのでしょうか?
実は、キレている人は、潜在意識レベルにおいて、(キレてしまったことを後悔しているように見えて)なんとキレること自体に快楽を覚えています
すなわち、誰かや何かを傷つけ、八つ当たりすること等で、後悔することが大好きなのです。
具体的には、キレた直後に感じる“甘美な罪悪感”に浸り、「またキレてしまった」と後悔し、自分を責めるのが好きなのです。
このようにお伝えすると、「キレるのが好きなわけがない!キレたことを、あんなに後悔しているのだ!」と感じる方も多いかと思いますが、むしろ、その後悔をするのが好きなのです。

そして、後悔して反省しているつもりでも、実は潜在意識レベルでは、キレたことを、一切改める気がなく、謝る気もありません
そもそも、キレた本人が、自分のせいでキレたとは感じておらず、他者や状況のせいで自分はキレさせられたと認識しているのです。
言い換えると、自分がキレたのは仕方のなかったことであり、自分にはどうすることも出来なかったと認識し、自分がキレたことの非を認めておりません

そして、彼らの潜在意識が本当に望んでいることは、他者や状況のせいでキレたという体験を積み重ねることで、過去に他者や状況のせいでキレた自分を弁護し続けることです。
たとえば、キレる子供は、早くもキレる体験を積み重ね始めており、キレる老人や、キレる高齢者は、そうした体験を積み重ね続けてきた結果です。
そのために、キレる人は未来永劫、キレる性格のまま居続ける必要があり、キレる自分をやめることなど、全く望んでいないのです。

換言すると、キレるのは心の病気とも言えるでしょう。

1−3.キレるデメリット

さて、キレることには大きなデメリットがあります。デメリットは複数ありますが、1番分かりやすいのは、他者との間に、心の距離が生じてしまうことです。

当然のことながら、すぐにキレる人に、進んで近寄りたい人など居ません。そのため、もしあなたがキレる人なら、友人、恋人、家族、仕事関連の仲間など、多くの人との関係に支障を来しているはずです。

ですが、さらに厄介なのは、キレた人自身が、自ら人間関係を断ち切ってしまうということです。

なぜ断ち切るのかというと、キレてしまった罪悪感を抱えたままでは、「こんな風にキレる自分では、誰も愛してくれないだろう」と認識してしまい、他者に近寄るのが怖くなってしまうからです。

自分が過去にキレたことを、他の人が気にしているのではないかと勝手に怖れ、コミュニケーションに自信を失ってしまうのです。

いずれにせよ、キレる人は孤独な人生を生きがちです。
(孤独が気になる方は、「孤独感に振り回される人生から脱するために、誰でも出来る簡単な方法」もご覧ください)

2.キレる衝動への対処法

2−1.キレる衝動を手放す2大アプローチ

では、あなたがキレることをやめるには、どうすれば良いのでしょうか。これには、大きく2つのアプローチがあります。

1つは、「潜在意識レベルにおいて、過去にキレたことの非があなた自身にあることを認めて、罪悪感を手放すこと」です。
上述の通り、この罪悪感を抱えたままでは、過去に自分がキレたことの正当性を弁護するために、キレる体験を積み重ね続けてしまいます。
その悪循環を断ち切るためにも、罪悪感を取り除くことが必要です。

もう1つは、「そもそもキレる原因となった感情的原因を手放すこと」です。
もちろん、キレたことについて、あなたにも何かしらの言い分があるでしょう。たとえば、自分のプライドを傷つけられたのかもしれませんし、自分の劣等感を刺激されたのかもしれません。
ですが、それならば、それぞれ「プライドが高い」「劣等感が強い」という原因を克服すれば良い話であり、やはり、あなた自身の問題です。
個別の原因については、このページでは扱いませんが、原因に対処する上で、下記の記事は参考になると思います。

2−2.キレる衝動を撲滅する具体的方法

以上のように、あなたがキレる人から脱却するためには、潜在意識レベルにおいて、過去にキレた罪悪感を手放すことが重要なのですが、一般的には、潜在意識の書き換えは容易ではありません
なぜなら、あなたの性格を根源から変える取り組みだからです。

ですが、その潜在意識の書き換えを容易に行える方法があります。それが、以下のクリスタルマインド®CDを聴くという方法です。

まず「破壊破滅をやめる」ですが、キレるというのは、まさに破壊衝動の現れであり、人生を破滅させる行動です。ですが、破壊衝動というのは、1−2でお伝えした通り、自分一人では簡単には止めることができませんこのCDを聴くと、その破壊衝動、破滅願望の甘美さに浸らずに、本来あるべき選択ができるエネルギーを受け取ることができ、キレることを辞める上で大きな手助けとなります。

次に「罪悪感を・・・」ですが、これは、過去にキレてきた罪悪感を取り除けるCDです。潜在意識に沈んだ罪悪感を取り除くことは、一般的には非常に難しく、多くの人は、罪悪感を取り除くどころか、新たな罪悪感を積み重ね続けています。「破壊破滅をやめる」と組み合わせて、このCDを聴くと、過去にキレてきた罪悪感を集中的に取り除くことができ、キレ続ける悪循環を断ち切れます

以上のCDを聴くと、あなたは、1−1で挙げた「キレる人の特徴」の中で、自分に当てはまっていたものが、段々と当てはまらなくなっていくことに気がつくでしょう。
また、「過去にキレてしまった・・・」という後悔も消え、他者との関係性も修復していけるでしょう。
総じて、八つ当たりが減った人生を経験し、今まで以上にスムーズに進むことに気がつくはずです。

一方で、この潜在意識の書き換えに取り組まない場合、あなたの潜在意識は、キレる快楽に溺れたままです。
潜在意識は、あなたが意図的に書き換えない限り、自然と書き換わることは絶対にありませんので、あなたは今のまま、キレる衝動を抑えきれない性分として生きていくことになります。
この場合、あなたがどれだけキレないように気をつけても、(潜在意識の望み通り)キレてしまうため、他者との人間関係がどんどんと疎遠になっていくでしょう。

キレる源となっている潜在意識を書き換えて、八つ当たりとは無縁の人生を生きていってください。

3.まとめ

  • キレることは、人生に一切役立たない非生産的だが、キレる人はそれを抑えられない
  • なぜなら、キレる人は、潜在意識レベルにおいて、キレることに快楽を覚えており、キレてしまった罪悪感に浸ることが好きだからである
  • だが、キレてしまえば、他者との距離はどんどんと遠ざかるというデメリットがある
  • キレるのをやめるためには、キレてしまった罪悪感を、あなたの潜在意識から取り除くことが必要
  • そのためには、以下のクリスタルマインド®CDを聴くことが効果的